グリーンスムージーの注意!体に悪影響がある原因!

グリーンスムージーを飲んでいて、体に異変がある場合があります。通常は便秘が回復したり、ダイエットができたり、肌が綺麗になったりと嬉しいことが起こるはずのグリーンスムージーなのですが、時折体に悪い影響を与えていしまうことがあります。それはあなたのスムージーの作り方が間違っているからです。

市販のグリーンスムージーを購入するときは構いません。ただ家でグリーンスムージーを作る場合は「作り方」に注意してください。特に大事なのがグリーンスムージーに入れる材料です。グリーンスムージーには基本的に必要なもの以外は入れません。野菜+果物+水で作るのが一般的です。それ以外に体に良いからと言って要らないものをいれるのはやめましょう。野菜と果物と水以外を入れないことで、消化の良い飲み物になるのです。

また野菜の中にはグリーンスムージーに入れると良くない材料があります。それがでんぷん質の野菜です。キャベツやレタスやニンジンはよく冷蔵庫にある野菜です。しかしこれはグリーンスムージーに入れないでください。お腹にガスが溜まりやすくなったり、お腹を冷やしてしまって便秘を悪化させることがあります。このような野菜を入れると胃腸を痛めてしまうのでやめましょう。このせいで体に異変があることもあります。

でんぷん質の野菜は他にもカボチャ、ナス、トウモロコシ、オクラ、ジャガイモなど多数あります。グリーンスムージーに利用する野菜については良く知っておかないといけないということです。相性の良くない野菜と言うのが存在することを良く学んで、材料にする野菜には十分に気を付けておいてください。知らずに毎回入れて飲んでいると、次第に体には悪影響が出てきます。お腹を壊したり、おならやげっぷが多くなった場合は注意しましょう。グリーンスムージーのせいでこのように体への影響があることも考えられるのです。そのようなことがないように使用する材料には注意しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>