グリーンスムージーの注意!体に悪影響がある原因!

グリーンスムージーを飲んでいて、体に異変がある場合があります。通常は便秘が回復したり、ダイエットができたり、肌が綺麗になったりと嬉しいことが起こるはずのグリーンスムージーなのですが、時折体に悪い影響を与えていしまうことがあります。それはあなたのスムージーの作り方が間違っているからです。

市販のグリーンスムージーを購入するときは構いません。ただ家でグリーンスムージーを作る場合は「作り方」に注意してください。特に大事なのがグリーンスムージーに入れる材料です。グリーンスムージーには基本的に必要なもの以外は入れません。野菜+果物+水で作るのが一般的です。それ以外に体に良いからと言って要らないものをいれるのはやめましょう。野菜と果物と水以外を入れないことで、消化の良い飲み物になるのです。

また野菜の中にはグリーンスムージーに入れると良くない材料があります。それがでんぷん質の野菜です。キャベツやレタスやニンジンはよく冷蔵庫にある野菜です。しかしこれはグリーンスムージーに入れないでください。お腹にガスが溜まりやすくなったり、お腹を冷やしてしまって便秘を悪化させることがあります。このような野菜を入れると胃腸を痛めてしまうのでやめましょう。このせいで体に異変があることもあります。

でんぷん質の野菜は他にもカボチャ、ナス、トウモロコシ、オクラ、ジャガイモなど多数あります。グリーンスムージーに利用する野菜については良く知っておかないといけないということです。相性の良くない野菜と言うのが存在することを良く学んで、材料にする野菜には十分に気を付けておいてください。知らずに毎回入れて飲んでいると、次第に体には悪影響が出てきます。お腹を壊したり、おならやげっぷが多くなった場合は注意しましょう。グリーンスムージーのせいでこのように体への影響があることも考えられるのです。そのようなことがないように使用する材料には注意しておいてください。

グリーンスムージーのおススメの摂り方

今は芸能人やモデルさんなどがダイエットに実践しており様々なレシピがあるグリーンスムージー、朝食に摂ると良いとされています。みなさんはいかがでしょうか?体験したことある人もまたこれから体験しようとしている方も必見です。おススメの摂り方、摂るのに適した時間等を紹介させていただきます。

グリーンスムージーの定義とは?基本青物野菜と水と何かとを入れます。(何を入れてもいい)そしてそれをブレンダーでかき混ぜたのがグリーンスムージーになります。ほぼ生野菜で食べられているものをベースに飲みやすく甘さを加える為果物(皮ごと入れるとなおよい)をいれます。レシピは調べてください。私が参考にしたサイトの情報ですがキャベツ、これは腸の中にガスが溜まる為ダメだそうです。あとはよくヨーグルトや牛乳を入れたりしますがこれもダメです。一緒に摂ると腸の吸収を妨げる為、せっかくの野菜の栄養が摂れにくくなってしまいます。

ではおススメの摂り方です。基本野菜はローテーションで使いましょう。今日がほうれん草なら明日は小松菜、明後日はレタスといった具合に果物は皮ごと入れそれから水(出来るなら一回煮沸させたぬるま湯が良い。)をいれよくブレンダーでかき混ぜましょう。一度に摂る量ですけどこれははじめは200mlぐらいの量からはじめましょう。あまりに一気に多くの量を摂ると内臓がビックリして逆効果になる可能性があります。基本一気に飲み干せる量を作ることです。作り置きはダメです。細胞が破壊されている状態になるので酸化に弱いからです。

おススメの摂る時間はやはり朝、朝食のかわりに摂ることをおススメします。理由は基本朝は腸が吸収力に優れている状態になったいるからです。せっかくの栄養を身体の隅々にいきわたらせる朝摂りましょう。もしもお腹の減る方は40分は空けて朝食を摂ってください。ダイエットする方はお腹が減っても我慢です。入れる果物などで調整してください。夜グリーンスムージーを摂るという方あまりいないですよね?やはりグリーンスムージーは吸収が良くお腹が寝ている時にすいてしまうという事と夕食は家族と食べたいという事が挙げられると言えます。