グリーンスムージー美味しそうリスト☆

グリーンスムージーライフのきっかけ

ミキサー

ちょっとしたデキゴトがありミキサーが当たりました。初当選!
パッケージの使用例に「グリーンスムージー」とあり気になっていたグリーンスムージーライフが現実のものになる予感が・・・
グリーンスムージー作りたい!ヘルシーにビューティフルになりたい!と高まってきたのでした。

グリーンスムージーのおすすめレシピ

レシピ

おすすめのレシピをご紹介します。
とりあえず材料を揃えようと思ってグリーンスムージーのレシピを調べてみたのですが。
何これ、美味しそう!っていうのが多すぎる!
多すぎる中から厳選してグリーンスムージー美味しそうリスト☆を集めてみました。

  • 柚子のグリーンスムージー

りんご・バナナ・小松菜に柚子をプラス。
バナナで柚子の香りは消えちゃうそうですが、それでも酸味が効いてさっぱりしてそうですよね。

  • グラノーラ入グリーンスムージー

バナナ・豆乳・ほうれん草・ハチミツ・ヨーグルトにグラノーラをトッピング。
これはかなりお腹に効果ありそうじゃないですか?
しかもほわほわ&ぽりぽり。
食感も、美味しい条件満たしてくれてます。

  • バナナのホットグリーンスムージー

バナナ・ほうれん草・ハチミツに温めた豆乳。
これは寡聞にして存じませんでしたが、ホットでもいけちゃうんですね。
グリーンスムージーの可能性が広がってきました!
冬の朝はこのホットグリーンスムージーが飲めるって思えばお布団から出られそう

  • パパイヤのグリーンスムージー

パパイヤ・バナナ・ほうれん草・ヨーグルト・豆乳で作ります。
パパイヤ酵素って良く聞くので試してみたいところです。
パパイヤとバナナって組み合わせるとハワイアンな雰囲気でそこもいいですね。

グリーンスムージーの魅力は「自分オリジナルで作れる」

6fe3bb78-5f88-4cbb-804d-ae5a365aaba4

あとは、市販の弱炭酸ドリンクを入れちゃうレシピが気になりました。
ミキサーをきっかけに作ってみようと思ったグリーンスムージーですが、思った以上に美味しそうなレシピがいっぱい見つかりました。
これはかなりはまってしまいそうですね。
そのうち慣れてきたらオリジナルのグリーンスムージーにもトライしてみたいかも。
とりあえず。バナナ、小松菜、ヨーグルト、豆乳常備します!

簡単!ズボラなあなたもグリーンスムージーをはじめよう!

グリーンスムージー、青汁のように飲みにくいのではと思われる方も多いと思いますがそれは大きな間違い!朝ご飯を一杯のグリーンスムージーに変えるだけで満腹感を得られダイエット効果、そして便秘の改善にも繋がります。でもグリーンスムージーってたくさんの種類の野菜や果物を切って皮をむいて・・・朝から忙しくてそんな時間はない!私も始めるまではそう思っていました。でも体に良さそうだし始めてみたい、そう思い自分なりに簡単でおいしくそして安くできる野菜や果物を探しました。ズボラな私がグリーンスムージーに入れる果物と野菜の条件。それは包丁を使わずにつくれること。まず果物でおすすめはキウイとバナナ。バナナはご存知の通り柔らかいし、手でむけるのでそのままミキサーに。キウイも皮をむかずにそのままミキサーにいれてしまいましょう。果物は皮にこそ栄養価があるっていいますよね。キウイは皮をむいて食べる人が多いかと思いますが、実はミキサーにかけると不思議なことに皮のイガイガ感は全くないのです。もちろん、水洗いだけはきちんとしましょう。味に飽きたらスーパーで売っているパックのカットフルーツやみかんをいれても◎。そしてグリーンスムージーというからには、緑の野菜が必要。小松菜やほうれん草、セロリ、その時スーパーで安く買える緑の野菜であればなんでもOKです。こちらも水洗いだけして手でザクザクちぎっていれてしまいましょう!あとは水を少し入れて完成。さらにズボラな私はそのままコップとして使えるミキサーを使用しています。洗い物も増えず楽ちん♪私はフルーツの甘さだけで十分ですが、甘さが足りないと感じる人は蜂蜜をいれてもおいしくできます。また冬は寒くて体が冷える飲み物は控えたい、そんな時は豆乳グリーンスムージーがおすすめ。耐熱カップにいれてレンジで豆乳を温める、あとはいつものスムージーにいれて混ぜるだけ。これで冬でも楽しむことができます。たくさんの種類をいれなくてもいいんです、とにかく自分に無理のない範囲であなたもグリーンスムージーはじめてみましょう!

グリーンスムージーの注意!体に悪影響がある原因!

グリーンスムージーを飲んでいて、体に異変がある場合があります。通常は便秘が回復したり、ダイエットができたり、肌が綺麗になったりと嬉しいことが起こるはずのグリーンスムージーなのですが、時折体に悪い影響を与えていしまうことがあります。それはあなたのスムージーの作り方が間違っているからです。

市販のグリーンスムージーを購入するときは構いません。ただ家でグリーンスムージーを作る場合は「作り方」に注意してください。特に大事なのがグリーンスムージーに入れる材料です。グリーンスムージーには基本的に必要なもの以外は入れません。野菜+果物+水で作るのが一般的です。それ以外に体に良いからと言って要らないものをいれるのはやめましょう。野菜と果物と水以外を入れないことで、消化の良い飲み物になるのです。

また野菜の中にはグリーンスムージーに入れると良くない材料があります。それがでんぷん質の野菜です。キャベツやレタスやニンジンはよく冷蔵庫にある野菜です。しかしこれはグリーンスムージーに入れないでください。お腹にガスが溜まりやすくなったり、お腹を冷やしてしまって便秘を悪化させることがあります。このような野菜を入れると胃腸を痛めてしまうのでやめましょう。このせいで体に異変があることもあります。

でんぷん質の野菜は他にもカボチャ、ナス、トウモロコシ、オクラ、ジャガイモなど多数あります。グリーンスムージーに利用する野菜については良く知っておかないといけないということです。相性の良くない野菜と言うのが存在することを良く学んで、材料にする野菜には十分に気を付けておいてください。知らずに毎回入れて飲んでいると、次第に体には悪影響が出てきます。お腹を壊したり、おならやげっぷが多くなった場合は注意しましょう。グリーンスムージーのせいでこのように体への影響があることも考えられるのです。そのようなことがないように使用する材料には注意しておいてください。

多くの健康ドリンク便利にうまく活用としましょう

日々の生活で便秘でお悩みの方であれば、やはり食物繊維をより多く摂取とする必要があります。
食物繊維といっても日々の中で毎日摂取とするのは大変であります。
より快適にお手軽で時短に取り入れる最適な方法は数多くございますが、グリーンスムージーや青汁、酵素ドリンク、サプリなどがより多くの方が便利に利用となっております。
味も大変おいしく、飽きも工夫次第でどうとでも可能です。
価格も割安であり、手間も不要であります。
これらを日々の生活で取り入れることで解消とできるでしょう。
適度な運動や適度な水分補給もプラスするとさらに効果的でしょう。
肌荒れもどうようのアイテムで効果が得られるでしょう。
肌荒れはやはり代謝低下がより影響を与えるものであります。
代謝アップにも上記のアイテムは大活躍であります。
体重が増加となるのも代謝と吸収機能低下が要因であります。
これにも上記にアイテムが大活躍であります。
つまりダイエットや健康ならびに美肌とトータル面でサポートできるのが上記のアイテムというわけであります。
季節によっては、ホットスムージーというアイテムも便利であります。
体を冷やすことなく、多くの栄養素を摂取とできます。
とくに冬に大活躍といえるでしょう。
ケースバイケースであります。
その時の自身の体調にあったアイテムを選択としましょう。
より効果にも影響を与えるものでありますから。
どちらにしても、上記のものであれば、自然原料より作成とされるものであります。
副作用やリスクはすくないと考えられます。
幅広い方がより多く活用とできるでしょう。
これも重要な要素であります。
使用とする方に制限があればそれは不便といえるでしょう。
話はかわり、女性特有の冷え性にも効果があるといわれております。
本当にあらゆるお悩みに最適なアイテムであります。
より快適に満ち足りた生活をおくるのも可能でしょう。
アンチエイジング効果、精神的健康、身体的健康をすべてかなうすばらしいアイテムであります。
どれもすばらしいアイテムであります。
サイクルを決めて利用するのもよいでしょう。