健康的に美しくなれるグリーンスムージーのススメ

グリーンスムージーのススメ

数年前から話題のグリーンスムージー、美容ドリンクとしてだけでなく健康維持や、体調不良の時のドリンクとしてもおすすめです。

グリーンスムージーはなんといっても鮮度が命。

毎日ミキサーにかけるのは正直面倒ですが、作り置きや冷凍はせず、飲む直前に作るのがポイントです。

なぜならグリーンスムージーに含まれるビタミンや酵素は、時間の経過とともに失われたり力が弱まったりするからです。

でもこのポイントさえ守れば、あとは自由に作ればよいのです。

材料は、その季節に旬を迎える野菜やフルーツを使うと、安いし、栄養価も高いです。

一年を通して安くて手に入りやすいバナナは食物繊維やカリウムが豊富で、しかもスムージーの腹持ちを良くするほか、香りと甘みで口当たりを良くしてくれます。

できれば野菜やフルーツの水分だけで作りたいところですが、ドロドロだと飲みにくいので、水分を少し加えます。

この時、お水でももちろん良いのですが、無塩のトマトジュースや加糖していないジュース、豆乳や牛乳で作ると、ますます美容に良いですね。

“正しいグリーンスムージー”は、乳製品は使わない、根菜類は入れないなど作り方があるようですが、そんなの気にしない!冷蔵庫でなかなか消費しきれないレタスや、いただきもののニンジン、材料が乏しかったら青汁を入れたり、コラーゲンや黄粉、ハチミツを足したりしてもOKです。

大切なのは、毎日無理なく続けられ、その時自分に不足している栄養素を意識的に取り入れ、せっかくならできるだけ美味しくいただくことです。

朝食をグリーンスムージーにしたり、小腹が空いた時のおやつ代わりにしたり、飲むタイミングはいつでも良いです。

新鮮な栄養素がたっぷりで、食物繊維や水分も含むスムージーダイエットは、美容と健康の味方。野菜嫌いのお子さんから、歯の弱いお年寄りまで、誰でも飲むことができます。ミキサーさえあれば、特別な材料も下ごしらえもいりません。

さっそく明日、作ってみませんか?

 

 

グリーンスムージーで健康的に美しく

 

グリーンスムージー摂取は、酵素を体内に取り入れるアイテムとしてより最適な方法であります。

日々の生活で酵素とは欠かせないものであります。

酵素が不足とすることで、便秘になったり、肌質トラブルが発生となったり、体重増という症状がでてくることもあるでしょう。

逆に言うと、酵素を体外より摂取とすることで、便秘を解消し、肌質改善とし、体重キープまたは理想体重へ導くことも可能といえるでしょう。

便秘も軽くみると大変であります。

何カ月もの便秘でお悩みの方もおり、薬を飲んでも解消とならず最悪は、食事を食べる度に嘔吐となってしまう方もいるようです。

体内の老廃物や有害物は体外に排出すべきものであり、排出が円滑とされないと肌にぶつぶつができたり、ハリや艶、透明感にも大きく影響とするでしょう。

体重も代謝低下で摂取としたエネルギーの中で余分とするものも体外に排出とされず体重に大きく影響を及ぼすこともあるでしょう。

食事の量が増加としていないにも関わらず、体重増となるのは、酵素不足による代謝・吸収機能の低下が原因といえるでしょう。

グリーンスムージーは、こういったトラブルを回避し、体内に酵素を取り込むアイテムとしてより最適な方法であり、飲物であります。

腹持ちや満腹感、満足感も抜群であり、置換ダイエットとして利用とできるでしょう。

朝ごはんとして、摂取とすれば、より体内から美しくを目標に健康と美とダイエットが成功となるでしょう。

健康的なダイエットが成功となるでしょう。

やつれた感じで痩せてもやはり意味はないものであります。

肌質が悪化となり、しみやしわならびに透明感もダウンとなるでしょう。

若返りどころか、逆に老けを生じさせてしまうこととなるでしょう。

それは、絶対に避けたいものであります。

グリーンスムージーであれば、野菜嫌いの方も大丈夫であります。

大変おいしく、栄養価満点であります。

ダイエット中におこる栄養素不足も回避とできるでしょう。

これに規則正しい生活習慣と、バランスのとれた食事、適度な運動と適度な睡眠をプラスとすればさらによい結果がうまれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>